シーリングソイル工法

工法概要

重金属汚染土壌の過剰な負担と環境リスクを低減する、天然鉱物系吸着材( ゼオライト、炭酸塩鉱物、風化粘性土)を用いた低負荷型・低コストのオンサイト工法です。

シーリングソイル工法は天然鉱物資源がもつ機能と反応を利用して汚染土壌中の重金属等を地化学的に封じ込め、環境基準以下に改良する技術です。天然鉱物資源を改良材とするため、低コストと低負荷と高品質を同時に実現した。画期的な改良工法と高い評価をいただき、各地の公共事業でも採用されています。「土壌汚染対策法」施行後でも、含有基準以下で環境基準を超える重金属等、汚染土壌の改良には大いにコストパフォーマンスを発揮します。

ハイメッシュセパレーター

【引用・抜粋】下水道既設管路耐震技術協会

反応過程

シーリングソイルシステムの反応過程では、土壌中の汚染物質と複合素材との接触後、時間の経過に従って汚染成分が順次吸着・固定化されます。
更に長時間を経て高度に結晶化するに伴い重金属等の汚染物質を強固に固定化することが期待できます。

【引用・抜粋】下水道既設管路耐震技術協会

シーリングソイルの特徴

  • 【総合性】品質管理からモニタリングまでの総合技術です。
  • 【信頼性】10 年を超える実績により品質と信頼性は証明されています。
  • 【安心性】天然鉱物系吸着材と水を利用した修復技術です。
  • 【低コスト】最寄り産地の天然鉱物系改良材を用いるため材工費は安価です。
  • 【低負荷型】化学物質を用いないので環境負荷が少ない低炭素工法です。
  • 【機能性】サイト条件に応じて不溶化(層)工法にも吸着層工法にも適用します。
  • 【低負荷型】化学物質を用いないので環境負荷が少ない低炭素工法です。
  • 【保証】品質管理からモニタリングまでに係わる品質を保証します。

【引用・抜粋】下水道既設管路耐震技術協会

お問い合わせはコチラから

PAGETOP