既設人孔耐震化工法

工法概要

既設人孔耐震化工法は、専用の切削機により、マンホールの壁を管外周に沿って切削することで、マンホールと管の縁を切ります。切削した溝には土砂の流入を防止するバックアップ材、地下水の流入を防止するシーリング材を充填し、接続部の耐震化を行うものです。
また、インバート部には、吸収ゴムブロックを設置することで、地震時に管がマンホール内に突き出しても、管口が破損することを防止します。

【引用・抜粋】下水道既設管路耐震技術協会

基本概念

<人孔・管路モデルと地震時の被害>

<柔軟な接続部にするために>

接続部の弾性構造化

【引用・抜粋】下水道既設管路耐震技術協会

作業手順

【引用・抜粋】下水道既設管路耐震技術協会

既設人孔耐震工法のメリット

  • 既設マンホールと管の接続部を、非開削により耐震化します。
  • マンホールの蓋は、内径600㎜以上で施工が可能です。
  • 管内径700㎜までの施工が可能です。
  • 耐震性能は、レベル2地震動による最大屈曲角1.0度、最大突出し長さ40mmまでの変位に対応し、下水の流下機能を確保します。
  • 周辺地盤や地下埋設物、地域住民の生活、交通などへの影響が少ない工法です。

【引用・抜粋】下水道既設管路耐震技術協会

お問い合わせはコチラから

PAGETOP