フロートレス工法

工法概要

フロートレス工法は、専用の取付装置により「消散弁」を設置し、地震時に発生する過剰間隙水圧を瞬時に消散させ、マンホール周辺地盤の液状化現象を抑え、マンホールの浮上を抑制するものです。

マンホール浮上の仕組み

地震により、地下水を含んだ砂質地盤に強い揺れが働くことで、砂粒子と砂粒子との間隙に静水圧を超える圧力の発生を「過剰間隙水圧」と言います。この圧力により、砂粒子同士の接合が切れ、砂粒子が水の中を漂う状態を「液状化現象」と言います。この発生により、比重の軽いマンホールの浮上を生起させます。

【引用・抜粋】下水道既設管路耐震技術協会

基本概念

<過剰間隙水圧を瞬時に消散>

地震時に発生する過剰間隙水圧を「消散弁」により瞬時に消散させます。
これにより、マンホール周囲の液状化現象を抑え、マンホールの浮上を抑制します。

<消散弁>

消散弁は、受圧板・ソケット・メッシュ等で構成しています。地震時に過剰間隙水圧が加わると、受圧板が外れることで水圧を消散させます。
また、消散弁の地盤側は、メッシュ構造になっており、土砂等がマンホール内に流入す るのを防止します。

【引用・抜粋】下水道既設管路耐震技術協会

作業手順

  1. 1. 消散弁取付装置をマンホール内に設置し、貫通手前まで削孔します。

    マンホール壁の削孔状況

  2. 2. 削孔部のコアを除去します。

    マンホール壁の削孔状況

  3. 3. 消散弁を削孔した孔に挿入し、手順1 で残した壁が貫通するまで圧入します。

    消散弁の圧入状況

  4. 4. 削孔弁に開閉蓋を取付け、周囲をモルタルで仕上げます。

    施工完了状況

【引用・抜粋】下水道既設管路耐震技術協会

フロートレス工法のメリット

  • 液状化現象による既設マンホールの浮上を、非開削により抑制します。
  • スピーディーで、安全で確実な施工が可能です。
  • 施工費が経済的です。
  • わずかな作業スペースでの施工が可能です。
  • 周辺地盤や地下埋設物、地域住民の生活、交通などへの影響が少ない工法です。

【引用・抜粋】下水道既設管路耐震技術協会

お問い合わせはコチラから

PAGETOP