ニューマチックケーソン工法

工法概要

ニューマチックケーソン工法は、函(躯体)の最下部に作業室と称する密閉された部屋に高圧の空気を送り、地下水の浸入を防ぎ地上と同じような状態で掘削を行い函(躯体)を沈設する工法です。橋梁や建物等の基礎、あるいはシールドトンネルの立坑、下水ポンプ場、地下調整池、地下鉄や道路トンネルなど幅広く活用されています。

【引用・抜粋】日本圧気技術協会

基本概念

<ニューマチックケーソン工法の原理>

作業室内に刃先先端の地下水圧と同じ圧力の空気を送ることにより、地下水の浸入を防ぎ、地上と同じ状態で掘削が出来るようになります。

【引用・抜粋】日本圧気技術協会

<工法の沈下理論>

沈下掘削中のニューマチックケーソンには重力により沈下しようとする下向きの沈下力に対して、沈下に抵抗する上向きの沈下抵抗力が作用します。
ニューマチックケーソンが沈下するためには、下向きの沈下力の方が上向きの沈下抵抗力より大きくなければなりません。

【引用・抜粋】日本圧気技術協会

作業手順

橋梁基礎の施工順序

【引用・抜粋】日本圧気技術協会

ニューマチックケーソン工法のメリット

  • 耐震性に優れています。
  • わずかな作業スペースでの施工が可能です。
  • 地下空間を最大限に利用でき、敷地利用率の向上に繋がります。
  • 高品貿の確保や高精度の確保ができ、近接施工に対応しています。
  • 井戸枯れや周辺地盤を乱さず、地下水脈を遮断することもありません。
  • リサイクル利用が可能なためコスト縮減になります。
  • 特別な補助工法が不要のため工程短縮が可能です。
  • 工程の確実性が高く、省力化、安全性の向上に繋がります。

【引用・抜粋】日本圧気技術協会

お問い合わせはコチラから

PAGETOP