再帰反射性水性塗料

工法概要

再帰反射性水性塗料は刷毛やローラーで塗ることが出来る水性反射塗料です。また吹き付け塗装も可能です。夜間の高い視認性が、事故防止・安全確保に繋がります。
道路の中央分離帯や縁石、ブロック、安全柵、点字ブロックのほか、お店や会社の駐車場のラインや車止め等に塗布することにより、交通災害を未然に防ぐサインとしてご利用いただけます。特に夜間は従来の塗料より抜群の視認性を得ることができます。

【引用・抜粋】㈱小松プロセス

施工例

  • ガードレール
  • 鉄道枕木
  • 防護柵
  • 中央分離帯
  • 縁石
  • 点字ブロック
  • 河川量水標
  • ヘルメット
  • 看板

【引用・抜粋】㈱小松プロセス

特徴

  • 水性タイプ塗料なので有害物資やVOC は一切含んでおりません。
  • 既設塗装面の塗工も可能です。
  • 完全に乾いた塗装面にブライトコート用上塗り材を塗ることによって汚れを落とす自浄作用を付与することができます。
  • 乾燥が一般塗料に比べて早く、速乾性タイプです。
  • 乾燥後は強靭な皮膜を形成します。
  • 基本色10色(ホワイト、ブラック、シルバー、イエロー、レッド、ブルー、オレンジ、ピンク、グリーン、ブラウン)。特注色対応も可能です。
  • 反射性が高く車のヘッドライトを照射すると100m 離れていてもはっきりと視認できます。
  • 刷毛やローラーで簡単に塗れ、吹付け塗装も簡単にできます。
  • NETIS 登録商品です。(HR-070013-V)

【引用・抜粋】㈱小松プロセス

ブライトカラー見本

※モニターの色と、実物は若干異なります。

【引用・抜粋】㈱小松プロセス

お問い合わせはコチラから

PAGETOP