自走式土質改良機(リテラ)を増設しました

2022/3/17

令和4年3月14日に、自走式土質改良機(コマツ リテラ BZ210-3)を導入しました。

これは、平成30年10月23日に導入したものと同型機で、排出ガス2014年基準に適合し、なおかつ従来機に比べ燃料消費量が10%低減された機種です。

約4年ぶりの増設になります。これで、当社で所有する自走式土質改良機は、令和元年5月に1台売却していますので計5台になります。

ニュース一覧
お問い合わせはコチラから

PAGETOP